ハスキーボイスが魅力の海外女性アーティスト7選

Pocket

仕事で頭が疲れたときやリラックスしたい休日の朝には、じんわりと癒やされるようなソフトな女性ボーカルの曲を聴きたくなりますよね。ハスキーだけど芯のある歌声と、フォークを思わせるギターサウンドが絶妙にマッチしている、耳馴染みのよいおすすめ女性アーティストとその有名曲たちをご紹介します。

Feist – 1234

Feist(ファイスト)の独特のハスキー声で「one, two, three, four…」と印象あるフレーズで始まるこちらの曲は、2007年のiPod nanoのCMで一躍有名になりました。赤・緑・黃の衣装を着た男女がダンスをしたり陣形を変えたりするのをワンカットで撮影しているこちらのミュージックビデオは、そのカラフルさにiPod nanoのカラーバリエーションを思わせるようですね。

Corinne Bailey Rae -Like A Star

Corrine Bailey Rae(コリーヌ・ベイリー・レイ)のデビューシングル『Like A Star』はイギリス・アメリカ両国でたちまちチャート1位のヒットを放ちました。声も外見もとてもチャーミングな彼女の曲は、ポップで聴きやすくどんなシーンでもかけたくなります。

Ingrid Michaelson – The Chain

Ingrid Michaelson(イングリッド・ミカエルソン)はニューヨークを拠点に活動するシンガーソングライター。独特な声の揺れにどこか哀愁を覚える彼女の声は、シンプルなバラードがよく映える。ピアノとストリングスに輪唱を重ねてゆくこの一曲は、迫力あるライブ音源を是非おすすめします。

Ellie Holcomb – As Sure As The Sun

Ellie Holcomb(エリー・ホルコム)は参加していたロック・バンドのフロントマンDrew Holcomb(ドリュー・ホルコム)と結婚し、その後ソロとして活動を開始します。アルバムの表題曲でもある「As Sure As The Sun」は、シンプルなピアノ伴奏ながら多幸感に溢れた一曲で、歌詞に込められた前向きなメッセージも含め必聴です。

Lisa Hannigan – Knots

Lisa Hannigan(リサ・ハニガン)はアイルランド出身で、2008年に発売されたデビュー・アルバム「See Saw」で最優秀アイリッシュ・アルバム賞など国内の有名音楽賞を4部門も同時受賞、加えてイギリスの権威あるマーキュリー・プライズの最優秀アルバムにもノミネートされました。アイリッシュ・ミュージックを楽しみたい方は、甘いながらもどこかジャジーで渋い彼女の声をどうぞ堪能してみてください。

Christa Wells – SHINE

Christa Wells(クリスタ・ウェルズ)は、米テネシー州のナッシュビル出身で、上に紹介したエリー・ホロコムと同郷です。芯のある彼女のアルトボイスは、ドラマティックな曲調なぴったり。2013年にリリースされたアルバム「Feed Your Soul」はクラウドファンディングサービスのKick Starterで15000ドルのレコーディング費用を集めてできたもので、彼女の音楽へのファンの熱意が感じられるエピソードですね。

Adele – Chasing Pavements

Adele(アデル)は若干19歳にて発表したアルバム『19』にてグラミー賞最優秀新人賞を受賞、この若さからは想像できない質量ある歌声は世界中を魅了し瞬く間に文字通りの歌姫です。2012年に公開された映画「007 スカイフォール」に書き下ろしの曲を提供したことも話題となりました。

スモーキーで印象深い声を持つ、7人の女性アーティストをご紹介しました。ほっと一息つきたいときは、彼女たちの声を聴きながらゆっくりと目をつむれば、たちまち心が癒やされそうです。